貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

オペレッタ狸御殿
監督:鈴木清順
出演:チャン・ツィイー/オダギリ ジョー/平幹二朗
2005年/日/114分/鈴木清順

批評 鈴木清順

 オペラが悲劇であるが、同じ作劇方法でもハッピーエンドになる物語をオペレッタという。
 かつて、日本映画の一つのジャンルだったが、いまとなっては絶滅危惧種のこのジャンルを復活させる!!なんてことを鈴木清順が思っていたかは定かではない。
 かつて大ヒットを記録した狸御殿シリーズ、いまここに復活!!なんてことを鈴木清順が思っていたか定かではない。

 なにも定かではないが、完成した映画はまぎれもなく鈴木清順の映画だった。

 大げさな演出、わざとらしい美術、感性というべきか感覚というべきか、とにかく理論的には決して理解できない強引すぎる展開。もちろん伏線の回収なんて知ったこっちゃない。
 というかどれが伏線なのかもよく分からない。

 通常、こういう文章は明らかな駄作に向けて送られる言葉だが、鈴木清順の映画の場合、恐ろしいことに、(なぜかは分からないが) 欠点になっていない。

 すべて含めて、鈴木清順の映画であるとしか言いようが無い。

 とは言え、メインプロットの単純さ故に、(鈴木清順の映画にしては) 分かりやすい仕上がりになっているし、色彩も (鈴木清順にしては極めて) 落ち着いているため、鈴木清順初体験にはもってこいの作品...には、なっていないなぁ、やっぱり。

 鈴木清順の映画だもんなぁ。どっからどう見ても。

戻る