貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

チーム★アメリカ ワールドポリス (事実誤認修正版批評)
監督:トレイ・パーカー
出演:トレイ・パーカー/マット・ストーン/クリステン・ミラー
2004年/米/98分/桑原あつし/☆☆

批評 他人を馬鹿にしたいだけ?

 「サンダーバード」をベースに、右翼も左翼もひっくるめて馬鹿にする話。

 はっきり言って、下品すぎてついてゆけない。

 出てくる批判のいくつかに関しても、「そのまま自分達に当てはまるのでは?」(ブラッカイマーの大作主義を非難するが「チーム・アメリカ」が低予算だとはとても思えん) と思えるものがある。
 やたらと同性愛者を馬鹿にした発言を繰り返すのも、理解に苦しむ(私は異性愛者だが、私を巻き込もうとしない限り、同性愛者を否定しない)。

 映画の完成度は低い物ではない。
 が、あまりにも下品で私には肯定することができない映画であった。

戻る