貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

スーパーサイズ・ミー
監督:モーガン・スパーロック
出演:モーガン・スパーロック
2004年/米/98分/石田泰子/☆☆☆☆

批評 真面目さが裏目に出た

 マクドナルドは言う。食べ続けても問題ないと。
 栄養士は言う。健康に良くないと。

 よし、一ヶ月間、平均的な生活 (運動量) をしつづけ、さらに、マクドナルドで販売しているものだけを口にして生活すると、果たしてどうなるのか、やってみようじゃないか。

 という狂った企画を本当にやってみせたドキュメンタリ。
 マイケル・ムーアの成功によって切り開けた、社会問題をブラックユーモアで引っ掻き回す手法によって、エンターテイメント製を確保したままの問題提起映画に仕上がっている。

 ただ、この映画は、「マクドナルドの製品を食べつづけたらどうなるか?」という部分に注視しすぎて、周りの追跡が出来なくなっているように思う。
 Mrビックマック (見れば分かる) のその後は ED クレジットでちょっと出てくるだけだし、電話で繰り返し取材申し込みをしていた間マクドナルド社長は、結局どうなったのかとか分からない。
 そうした部分の先も知りたい、というのが本心だ。

 それと、たとえサラダであってもドレッシングをぶちまけた結果、体に害をなす物になるのはよく分かった。マック最悪の代物がフライドポテトであることもよく分かった。
 それで、一ヶ月間に渡って食べた全メニューは?
 「全メニューを制覇すること」という目標を9日目に制覇したという事は、そこから先は繰り返しになているのだろうが、その繰り返しの法則は?
 摂取できてしまうカロリー値や、食品に含まれる中毒物質等の、より細かい部分は分かったから、体を壊した、具体的なメニューは?
 このあたりにも、「食べつづけたらどうなるか」という目的を明示することに集中しすぎているように感じる。

 実際、変化している過程を見せるのは実にうまい。そして面白い。
 医者を連れてきて、体重や体型はもちろん、血液や消化器系の変化状態を明示、あげくに付き合っている彼女を連れてきて性生活にいたるまで、ありとあらゆる事柄を見せてゆく。
 その徹底ぶりは見事というほか無い。

 しかし、だからこそ、その目的の手段部分で出てきた、本題とはややずれた部分に対する、あるい程度の目配せが欲しかった。
 それに成功すれば、あと一段、面白くなったと思うぞ。

戻る