貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

リンダ リンダ リンダ
監督:山下敦弘
出演:ペ・ドゥナ/前田亜紀/香椎由宇/関根史織
2005年/日/114分/☆☆☆

批評 ???

 女子高生が文化祭で、急場しのぎのバンドを組み、THE BLUE HEARTS のコピーを演奏する話。

 それ以上でもそれ以下でもないが、非常に不思議な構成の映画だ。

 即席コピーバンドで文化祭に出るからには特訓せねばならない。
 実際、特訓シーンもある。

 即席であるから、そう演奏は上手くない。
 それでも、最後のシーンは盛り上がる。

 文化祭という盛り上がるイベントであるから、回りも盛り上がっている。

 これらすべて脚本上での事。
 なぜかカメラはこれらを淡々と撮り続ける。
 結果、台詞や人間の動きは盛り上がっているのに、まるで盛り上がっているように感じられない。
 むしろ盛り下がっているようにさえ見える。

 音と画が、脚本と画が、これほどまでにズレている映画も珍しいのではなかろうか?

 面白いかどうかはこの際脇においておくとして、少なくとも、ポスターから想像されるような内容ではなかったし、THE BLUE HARTS の炸裂する魂も感じる事が出来ない映画であったのは間違いない。

余談
 「終わらない歌」の歌詞にある"キチガイあつかいされた夜"の処理方法は、CD と同じ、音かぶせで聞き取れなくするであったことを、ここに記す。
 実際に歌っているかどうかは、分からない。

戻る