貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

インファナル・アフェア3 終局無間
監督:アンドリュー・ラウ/アラン・マック
出演:アンディ・ラウ/トニー・レオン/レオン・ライ
2003年/中(香)/118分/鈴木真理子・松浦美奈/☆☆☆☆☆

批評 漢泣

 ヤンの死後、"善人"になるべく警察内部に残された"潜入"を消してゆくラウ。
 誰も信じてはならない、誰の手を借りることも出来ない状況で、ラウの前に立った、公安のエリート警察官ヨン。彼は果たして"潜入"なのか。

 新登場の二名を除いて、前作まででほとんどの面が -観客に対して- 割れているため、
「1」「2」ほど人間関係の複雑さが無いのだが、物語の展開する時間や場所は、ヤンの
死を境にしてあっちこっちに飛ぶ。

 は、ほとんど追いかけるのが困難なほどだ。
 正直なところ、最初はその飛びっぷりにとまどいを覚えた。
 前二作にくらべると、そういう意味で取っつきにくい。
 だが中盤、混乱している構成そのものに意味があるという事が分かってくると、俄然面白くなってくる。

 その中で、混乱している構成の中でさりげなく伏線はもちろん、これまでのシリーズで出てきたシーンの、さらなる意味、隠された意味が次々に明らかになって行く。
 まさに、"終局"の名にふさわしい、すさまじい展開。

 泣いたね、思わず。
 映画館で泣いたのなんて、えらい久しぶり。
 まさに衝撃の一本であった。

戻る