貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

あずみ2
監督:金子修介
出演:上戸彩/石垣佑磨/栗山千明
2005年/日/112分/☆

批評 眠い

 刺客にはもちろん鍛えられた人間にはおろか、江戸時代の人間にさえ見えない集団が連続惨殺事件を起こす物語第2段。

 発狂した脚本、発狂したキャスティング、発狂したカメラ、発狂した編集という最低映画の黄金率を爆走した第1弾から、脚本はより強化されて戻ってきた。
 知能指数が極限まで低くなった登場人物はもちろん、前後で繋がっていないエピソード、意味不明の伏線、処理されない伏線等、前作にある意味勝った脚本を見せられる。

 これに拍車をかけるのが、"前作よりは"まともになったカメラと編集。
 一般的にまともになるとプラスに働くのだが、この映画に関してはマイナスにしかならなかった。
 前作は、発狂したカメラと編集のおかげで"なにが映っているのかさえ分からん"有様だったが、今回はなにが起きているのかが分かる。
 おかげで、演技力に進歩の見られない若手俳優各員の駄目さがよく分かる。

 なにをやっても、相変わらず化粧も服装も息も髪も乱れない (顔に血は付くがすぐに消える) のはもちろん、へっぴり腰も、ブレまくる剣先も、安定していない上半身、下半身と、イヤになるくらい動きの悪い体さばきを見せられる。
 これらの動きの悪い連中相手は、当然だが斬られ役に斬りかかる事は無い。
 結果、やけくそのように剣先に向かって突撃しなければいけない斬られ役の皆々様の苦労がよく分かる。どうしても「さぁ斬ってください」という突撃にしか見えぬもの。

 知能指数の低さに磨きのかかった脚本と、進歩の見られない若手出演者の演技力、そして、普通に見られる程度のカメラと編集という絶妙な組み合わせの結果、分かりやすい駄作として仕上がっている。
 救いがあるとすれば、前作より上映時間が短いと言う事くらいだろう。

 あまりの面白さに眠らない様、見る前に充分な睡眠を確保しておくことをお勧めする。

戻る