貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

亡国のイージス
監督:阪本順治
出演:真田広之/寺尾聰/中井貴一
2005年/日/127分/☆☆☆

批評 がんばったのは分かった

 最新鋭イージス艦「いそがぜ」が、副長以下の士官、ならびに某国テロリストに乗っ取られた。
 イージスシステムと、持ち込んだバイオ兵器を盾に、彼らは日本政府を脅迫する。

 艦内に残された先任伍長、および情報局工作員は彼らの企てを阻止できるか!?

 売れまくり小説家、福井晴敏原作映画の三本目。

 映画製作サイドが興味なかったのか、単純娯楽に徹するには不要だと判断したのかは分からぬが、"福井節"と呼ばれる説教は、可能な限り物語の外側に置かれ、アクション映画に仕上がっている。
 仕上がりは、さしずめ和製「ザ・ロック」と言った所。考え方の異なる二人のバディ物だし。

 海上自衛隊全面協力という事もあってか、セットの迫力は素晴らしい。
 外のセットはもちろんだが、船内のセットもよくこれだけ作ったと思う。
 俳優陣も、見る前は心配だった勝地涼(如月行)を含め、なんの心配もせずに見ていられる。

 中盤の対艦戦闘は組み立てがヘタだし、途中、あまりにも"模型"で拍子抜けしてしまうシーンもあるが、全体を通せば致命的な問題ではない。

 致命的な問題は脚本にある。

 あの分厚い原作を、よくまとめているとは思うが、まとめきれていない。
 存在意義が無くなってしまっている登場人物 (一番切るべきなのは女性工作員ジョンヒ。あそこまで完全に必要ないキャラも珍しい) など、出すべきではない。
 覚悟を決めて、もっとバッサリ切ってしまう必要があったと思う。

 また、これは演出の責任もあるが、必要な説明が抜けている。
 VLS や CPO、FTG(これだけは、一応説明"らしきもの"はあったが) などと言われて、どのくらいの人間がわかるというのだろうか?

 非常にがんばって作られた映画だとは思う。
 けどこの完成度では、「もうちょっとがんばりましょう」と花形の判子を押さざるをえぬ。

戻る