貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

まだまだあぶない刑事
監督:鳥井邦男
出演:館ひろし/柴田恭兵/浅野温子 2005年/日/108分/☆☆☆

批評 不変性

 小型核弾頭の密売捜査のため、日本に復帰したタカ & ユージ。
 あの二人が、ふたたび横浜をアツクさせるっ!!

 などというアオリはどうでも良く、物語的整合性や伏線などというものを吹き飛ばし、ひたすら二人が走り回り飛びまわりアクションとギャグをやるだけだ。
 それ以上でもそれ以下でもないところが、「あぶない刑事」である。

 それにしても、舘ひろし & 柴田恭兵は、かなりいい歳である。
 にもかかわらずこの格好良さというのはいったいなんなのだろうか?
 浅野温子も、まぁかなりいい歳である。
 にもかかわらずあのぶっ飛んだキャラを演じられるというのは、いったいなんなのだろうか?

 内容よりも、その方が気になる映画であったが、まぁそのくらい内容は「毎度のことだった」という事で。

戻る