貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

サンダーバード
監督:ジョナサン・フレイクス
出演:ビル・パクストン/アンソニー・エドワーズ/ソフィア・マイルズ
2004年/95分/戸田奈津子/☆☆☆

批評 お子様向け(ファンは見に行ってはならない)

 フッドに秘密基地を奪われたサンダーバードの面々は、5号機に隔離されてしまってさぁ大変。
 この危機に、偶然にして難を逃れたお子様3人とペネロペが立ち向かう。

 という話なんだが、基本的にお子様が活躍する「スパイキッズ」か「ホームアローン」といった趣で、子供向けに見えて、実は大人でも楽しめるように作りこまれたドラマ (余談だが、これは初代「ウルトラマン」等にも当てはまる) だったオリジナルのような内容は望めない。

 あくまでも「ただの」お子様映画。
 脚本も、映像も、完成度も。

 小学校時代に、TV で放送されていた「サンダーバード」(何度目の放送なのかは知らん) に見事にはまった私のような人間には、とうてい満足の行く映画では無かったな。
 あ、OP だけは燃えた。シルエットアニメーションで、あのテーマ (歌は無い) が流れる OP だけは。

戻る