貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

世界の中心で、愛をさけぶ
監督:行定勲
出演:大沢たかお/柴咲コウ/長澤まさみ/森山未來
2004年/日/138分/☆☆☆

批評 個人的には絶対に許せない映画だが...

 十数年前の高校時代に白血病で息を引き取った恋人をいまだに忘れられないのに婚約なんかしちゃった主人公が、マリッジブルーの末に思い出に向かって退行してゆく映画。

 とりあえず、この主人公のどこが良いのか分からない。

 婚約者との未来に生きたいのか、それとも高校時代の恋人と共に後ろ向きに生きたいのかが明白ではないのも、この現象に拍車をかける。
 もちろんだがこの男に惚れる女性の気持ちも理解できない。

 猛烈に感情移入しにくい物語は放っておいても、画は素晴らしい。
 さすが行定監督というべきか、映像の美しさはもちろん、80年代を徹底的に再現してみせる。小道具の使い方も上手い。

 本が売れているところを見ると、この物語も共感を受ける人のほうが多く、私のように感じる人間は少数なのだろう。
 そう考えると、多くの人には受けるのかも知れぬ。

 だが、私には絶対に受け入れられない映画だ。

戻る