貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

リディック
監督:デヴィッド・トゥーヒー
出演:ヴィン・ディーゼル/コルム・フィオーレ/ジュディ・デンチ/
2004年/118分/松浦美奈/☆

批評 眠いっ!!

 とにかく眠い。
 最初から最後まで、一貫して眠い。

 強さを売りにする帝国が、イスラム教らしき国を攻め滅ぼそうとする話なので、もしかすると現在のアメリカ批判か?とも取れる内容なんだが、基本的にノーテンキなアクションシーンが続くだけの駄作。

 いちいち突っ込むのも面倒なほど破綻した物語は、ノーテンキなアクションシーンと合わせて脱力必至。

 映画館で、大音響で、それでも眠気が襲ってくる恐ろしい映画であった。

 ところで、ジュディ・デンチ (登場シーンの多くは、CG エフェクト) はなんでこんな映画に出とるの?

戻る