貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

恋人はスナイパー
監督:六車俊治
出演:内村光良/水野美紀/田辺誠一
2004年/日/分/☆

批評 ただの、駄作

 どう表現すればよいのか困るが、ただの駄作であったのは間違いない。

 日本人全員を誘拐したと宣言し、無差別狙撃によって“人質”を殺害。日本政府、及び日本国民に身代金を要求する事件が発生。
 対応に苦慮した日本政府は、天才狙撃手、ウォン・カイコーを刑務所から呼び出し、狙撃犯に対向する。

 戦闘技術に関する基礎技術が無いこと丸分かりのアクションシーンはもちろん、登場人物の言動は一致してないは、前後のカットが連続してないは、よくある駄作邦画の条件を満たしまくってる映画であった。

戻る