貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ
監督:水島努
出演:矢島晶子/ならはしみき/藤原啓治
2004年/日/96分/☆☆☆

批評 暴走しすぎた?

 カズカベ座という、廃墟の映画館に入ると、映画の上映がいきなり始まる。
 気が付くと、そこは西部劇の世界だった...


 スタッフが暴走しすぎたか?


 前作では、個々のギャグは面白いが横に連鎖せず、作品としての面白さにならなかった。
 本作では、西部劇を元ネタとするギャグが山ほど出てくるが、西部劇のスタンダードを知らなければどれがギャグなのかが分からんようになっているのがタチが悪い。

 それでいてガンファイトが最後の最後にしか出てこなかったり、町内引きずりまわしの意味が時間説明だけだったりと、西部劇のディープなパロディとライトなパロディの切り分けが上手く行ってなかったように感じた。

 笑えたけどね。
 それ以上にならないんじゃダメ。

戻る