貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

デビルマン
監督:那須博之
出演:伊崎央登/酒井彩名/渋谷飛鳥
2004年/日/116分/☆

批評 ここに生まれる、必殺の最狂映画

 色々期待してくれた方々には、すまなかったとしか言えぬ。
 これ以上の、これ以外の、どんな文章も思いつかぬ。

 感情のほとばしりさえ生まれぬ映画は、実に久しぶりだ。


 この映画は、私の思う所の“最低映画”ではない。
 工夫も才能も時間も映像も、なにもかもがすべて足りていない映画であり、最低映画にもっとも必要な強烈すぎる「電波」や、突き抜けた「馬鹿」が無い。

 つまりこの映画は、“最低映画にさえなれないゴミのような映画”という事だ。

 あえて言うならば「最狂映画」とでも言おうか。
 脚本段階で、撮影中に、完成した後で。


 なぜ誰も公開をとめなかったのか....


 疑念は、しかし確信に変わる。
 そう。何もかもが足りなかったのだ。


 公開を取りやめる判断力さえも。


 最低映画は、観客に製作者の意図せぬ“笑い”や“怒り”を巻き起こす。
 この映画を見終わったとに来るのは、ただただ、虚無。

戻る