貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ブラウン・バニー

批評 評価して良いのか悪いのか

 チャールズ・チャップリン「独裁者」等が有名であるが、最後に向けて長い長い助走をする映画は多い。
 この映画もその手の映画だ。

 バイクレーサーの男が、次のレース場に向かって走り続ける話。
 話が進むにつれて、徐々に、次のレースというよりも、誰か女性に会いに行こうとしているのが分かってくるのだが、映画はそれをたんたんと撮りつづけるだけ。

 台詞も説明らしい説明もほとんど無く、ひたすら“何か事情があるらしい主人公”が“
北米大陸を移動する”だけで映画の9割をしめる。
 たしかに美しい画なんだが、たいへんに眠い内容だとも言える。

 余談だが、上映終了後出口に向かう途中、二人ほど“落ち”ているのを見た
 私も飛びかけた。疲れてる時に見る映画じゃない。

 だが、猛烈な眠気が一瞬で吹っ飛ぶのが最後十数分目。

 まず、強烈なラブシーン。
 その内容も、それだけではただ必要以上に過激なだけ。
 だが、女優はここまでやらねばならんのか!?という疑問符が頭を埋め尽くしたその後、本当の衝撃が来た。

 これまでのあまりにも眠い展開にも、強烈過ぎるラブシーンにも、すべて意味があったという衝撃的な事実を、知らされる。


 これは本当に驚いた。
 一気に目がさめた。


 だが、劇場を出て冷静になってみると、加速のさせ方が、実は、ただのナルシズムなのではないか!?という疑問符もまた浮かんでくる。
 ...どう判断してよいのやらさっぱりわからんが、とにかく凄い映画ではあった。

戻る