貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

トゥーム・レイダー2
監督:ヤン・デボン
出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジェラルド・バトラー/ノア・テイラー
2003年/米/117分/松浦美奈/☆

批評 突っ込みたい放題!

 今度はパンドラの箱が見つめるための遺跡が発見された。
 危険だから封印しろと英国女王に言われた。
 だから出撃した。

 アンジェリーナ・ジョリーのアクションシーンは増えているが、それ以外に特筆すべき場所はない。
 その増えているアクションシーンも、あまりの脚本と演出によってボロボロ。なにせ物語から浮きまくっている。

 世界を又にかけた大活劇...のはずなんだが、その規模の大きさはどこにも見えない。
 また、ララに、珊瑚を吹き飛ばし、田舎の湖を科学汚染し、遺跡の上をバイクで走り、(発掘された超常的ではない) 文化的遺跡を破壊させ、野生動物を車で意味も無く (どうしても意味があるように見えない) 車で追い回さてしまうような状況なのに、それほど逼迫した状況にも見  パンドラの箱は危険な物だというが、その根拠がどこにあるのか分からない。
 ちなみに最後までパンドラの箱とは何なのか分からない。そもそもあれは、本当にパンドラの箱なのかさえ明らかにならない。

 元恋人も、悪役も、前作から続けて出演のキャラクタでさえ、まったく何の魅力も感じさせてくれない。

 どこらへんが面白いのかさっぱり理解できない出来であった。

戻る