貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

東京ゴッドファーザーズ
監督:今敏
出演:江守徹/梅垣義明/岡本綾
2003年/日/分/☆☆☆☆☆

批評 まずアニメであり、そしてアニメとなる

 三人のホームレスが、偶然見つけた、捨てられた子供の親を捜すという物語。

 捨てられた子供を捜す旅が、そのまま三人の自分捜しになっているあたり、典型的なロードムービーと見ることも可能な内容に仕上がっているが、画いているのは「奇跡」。


 監督は「PERFECT BLUE」「千年女優」と、実写的な素材を、アニメーションならでは手法で画くことを得意としている今敏。
 本作では、それまでの手法をさらに一歩推し進めているのが興味深い。
 パンフレットでも書かれているが、抑え目の演技で実写的な動きを追求する近年の風潮のアニメーションでは無く、本作では実写的に書き込まれた背景に対して、キャラクタの身振りは誇張され、顔の表情はめまぐるしく、豪快に変化する、最近はあまり見ない“いかにもアニメー
 この、実写的背景と、アニメーション的演技の摩訶不思議さに合わせて、「クリスマスから大晦日にかけて」の「雪が降る東京」を組み合わせた結果、作中で、あまりにも都合よく発生する奇跡も、素直に受け入れることが可能になっている。

 映画の中で画かれる細かいエピソードも、コミカルでありながら現状を強烈に皮肉った部分が多く、一筋縄な作品には仕上がっていない。


 こういう作品こそ、メジャーで公開すべきなのでは無いだろうか?
 そう思わせる、良質な作品であった。必見。

戻る