貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ロボコン
監督:古厩智之
出演:長澤まさみ/小栗旬/伊藤淳史
2003年/日/118分/☆☆☆

批評 設定を活かせなかった

 物語そのものはスタンダードなスポ根映画そのもので、やる気の無い連中が“出てしまった”大会で負けて主人公が一念発起。
 周りを巻き込んでチームがまとまって行き...というお定まりの内容。
 キャラクタを含めて、そこに意外性は微塵も無いが、この手の映画はそれで十分だろう。

 問題なのは、主人公の描写と試合シーンを重視しすぎたためか、ライバルや他の学校の描写が今一つ。登場人物にしても、同じチームの連中はともかく、それをささえる主人公の父親や担当教師の描写が希薄で、結局どのキャラクタにも書き込み不足という感を抱かせるにいたった  主人公の父親だけが試合会場に出現し、他の連中の家族は出てこないのもバランスの悪さ。最後に顧問の教師と保健医がデキてるのも途中で一緒に試合を観戦しているくらいで唐突すぎ。

 試合シーンも、二試合目移行では、相手のロボットの攻撃法方法が判明しているわけだから、いちいち相手のロボットに驚いているのは変だ。
 確かに、実際の競技のルールにしたがって撮影したというだけあって、ドキュメンタリ的な迫力は素晴らしい。
 が、物語の中。全体のバランスとして見るとそこが長い。主人公たちの試合をもっと刈り込んで、ライバルロボットの試合も事前に見せて強力さをアピール。こちらが辛くも勝利しているのと対比させればもっと緊迫感が生まれたのではなかろうか?


 状況の作り方も、基本設定も悪くないけど、それを活かすことは出来なかったね。

戻る