貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

茄子 アンダルシアの夏
監督:高坂希太郎
出演:大泉洋/小池栄子/筧利夫
2003年/日/47分/☆☆☆☆☆

批評 アニメならではの傑作!!

 47分の中編 (短編?) アニメーションということを最大限に活かした傑作!

 自転車レースにおけるチーム戦は、カースト制度によって成立している。
 ペースを作るもの、風除けになるもの、他のチームのペースを崩すもの。一人のエースを勝たせるために、他のチームメイトは存在するのだ。
 またそれ故に、時として他のチームとの共闘も必要になる。
 風除けを交代することで、お互いの体力を温存する事も必要だからだ。

 こうした自転車レースの駆け引きを、実況中継のアナウンスのみならず、アニメーションならではのディフォルメされた俯瞰によって書き表す。
 さらにシチュエーションを活かしたフラッシュバックによる、主人公ペペの過去の話。

 一歩間違えば詰め込みすぎで訳が分からなくなるところを、シンプルでストレートな物語にし、さらに過去の話と今の自転車レースの展開をお互いに補完することで分かりやすく映像化することに成功した。

 面白かった!!見終わった後、自転車に乗りたくなった!!

戻る