貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

魔界転生
監督:平山秀夫
出演:窪塚洋介/佐藤浩市/麻生久美子
2003年/日/106分/☆☆☆

批評 以外や以外

 深作版ほどの暴力性はないが、原作にはこちらの方が近い。かなり違うけど。
 島原の乱で江戸幕府に殺された天草四郎は、その怒りの念で現世に復活。魔術、魔界転生で剣豪を復活させ、江戸幕府転覆を目論む!

 相変わらず、天草四郎がどうやって復活したのか分からぬし、力を求める者同士の対決という構図の割に、魔界衆の行動を阻む柳生柳生十兵衛の、力に対する執着を描けなかったのが欠点。

 キャスティングは、意外なことに窪塚洋介の天草四郎と、佐藤浩一の柳生十兵衛が良い。
 特に佐藤浩一は、柳生十兵衛の父、但馬守を演じる中村嘉葎雄との殺陣 (ちなみに「座頭市」) が実力差がありありと出ていて素晴らしい。
 中村嘉葎雄。さすがにチャンバラ映画全盛期を生きただけある。

 キャスティングで問題を感じたのは武蔵。演じるは長塚京三。
 これはメイクのせいでもあると思うのだが、はっきり言って弱そう。生き返ったのにしても、ちょっとこれは死にそう。
 その直前に闘う、古田新太の宝蔵院胤舜が良かった (これもまた予想していなかった) だけに残念だ。

戻る