貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

WATARIDORI
監督:ジャック・ペラン
出演:カオジロガン/ハイイロガン/クロヅル
2001年/仏/99分//☆☆☆☆☆

批評 衝撃的映像体験

 ものすごい映画だ。
 全編、ほとんど何の説明も無く100種類以上の渡り鳥が延々と映されるだけ。

 時折、本当に時折、ナレーションが入るが、それだけ。
 音楽も、OP と ED の曲以外は記憶に残らないような使い方しかされていない。

 ひたすらに渡り鳥が映され、その羽ばたきと鳴き声だけが聞こえてくる。ただそれだけの映画だ。
 だが、その映像と音はまさに圧倒的としか表現できない。

 群れの後ろから追いかけていったカメラが、その群れの中にそのまま入り込む。飛んでいる鳥の、その脇をカメラが並んで飛ぶ。この映像的衝撃。
 飛翔する鳥の筋肉の動きまでもが映りこんでいるこの映像!!その衝撃!!

 監督のジャック・ペランは、この映画をドキュメンタリーでは無いと言った。
 画コンテを作り、狙って画を作っている。インタビューでもそう語っていた。
 まったくもってそのとおり。この映画はドキュメンタリーとしてはまったく成立していない。
 しかし、それでも、いまだかつて見たことの無かった映像が、ここにある。

 LD でのソフト化を強く希望。絶対に無理だろうけどね。

戻る