貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

インファナル・アフェア
監督:アンドリュー・ラウ/アラン・マック
出演:アンディ・ラウ/トニー・レオン/アンソニー・ウォン
2002年/中(香)/102分/鈴木真理子・松浦美奈/☆☆☆☆☆

批評 かっこいい!!

 マフィアから警察への潜入を命じられたチンピラと、それとほぼ時を同じくして警察からマフィアへの潜入を命じられた優秀な警察官候補生。
 時を経て、マフィアの大規模な麻薬取り引きが失敗に終わったとき、お互いがお互いに、内通者がいる事に気が付く。
 ばれれば命が無いであろう二人の内通者は、お互いの本来所属する組織のため、お互いの今いる組織の潜入員を、まさに命懸けで探る。

 警察からマフィアに潜入し、誇り高く生きつつも、ともすれば自己を見失いそうになるのがトニー・レオン。
 マフィアから警察に潜入し、日陰の生活から日向の警察官としての生き様に平穏を見出し苦悩するのがアンディ・ラウ。
 とにかく、この二人のカッコよさに尽きる。
 この2人以外ではありえなかったであろうと思わせている時点で、この映画のキャスティングは完璧だ。

 画的には演技合戦とでも言うべきシーンが、ひたすら地味に続く。恐ろしいくらいの緊張感を保ったまま。
 香港ヒルム・ノワールの定番、“最後の銃撃戦”も無い。
 特殊効果もほとんどない、生身のドラマだ。
 途中、トニー・レオンの昔の恋人の存在がやや唐突で中途半端だが、それを差っ引いてもこの映画の傑作さは揺るがない。


 ブラッド・ピットがハリウッドリメイクすると聞くが、高い確率で失敗する。
 いまならまだ間に合う、ハリウッドに陵辱される前に見よ!!

戻る