貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

トリック 劇場版
監督:堤幸彦
出演:仲間由紀恵/阿部寛/野際陽子
2002年/日/119分/☆☆☆

批評 映画じゃない

 毎度のごとく堤が監督した映画。要するに映画じゃない。

 本来であれば、極端な画面構成や、大量のカット割も映画向きのはずだが、あまりにも多い TV 的な部分がすべてを覆い隠し無意味なものにする。
 物語も TV の毎度おなじみのプロット以上のものではない。
 結果、この映画が TV の二時間スペシャルを劇場公開しただけなんじゃないのか?という疑念がふつふつと沸いてくる。

 たしかにレギュラー俳優陣の見せる演技や掛け合いは安定していて面白いし、TV と同じくゲスト陣も豪華で面白い。たしかに TV での面白さはクリアしている。
 ファンサービスとして、商作としてはそれで良いのだろう。
 しかし、そういう「TV でも見てもなんら変わらない映画」が、映画館へ客が来なくなる理由だと言うことをいい加減、日本映画界は気が付くべき何じゃないのだろうか?

戻る