貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

プレッジ
監督:ショーン・ペン
出演:ジャック・ニコルソ/ロビン・ライト・ペン/サム・シェパード
2001年/米/123分/松浦美奈/☆☆☆

批評 もう一息!

 退職寸前に発生した少女惨殺事件。
 刑事は被害者の両親に誓う。


 「かならず犯人を逮捕する」


 容疑者が逮捕され、彼は自供とも取れる供述の後、おもむろに自殺する。
 誰もが犯人は自殺だと思った。ただ一人を除いて。
 退職した彼は、一人捜査を続ける。
 推論を組み立て、そして罠を張る...



 こうして書くととても面白そうなのだが、正直なところ今ひとつ。
 退職して一人で捜査を進めるまでは面白いのだが、その後、捜査中に知り合った女性との恋物語が絡みだすとガタガタ。
 それまで精力的に進めていた捜査を行っている気配が無い。
 たしかに連れ子 (ちなみにいつのまにか結婚している) が殺人犯に狙われることを恐れている描写はあるのだが、それが運命に縛られた刑事として、というよりも子供を心配する父親にしか見えない。
 そのため、最後がいきなりにしか見えないのだ。
 幸せに見える家庭を築きながら、それでも後ろで捜査を進めている、という描写があれば、徐々に狂喜に侵され、最後の最後で...という描写をもっと明白に出来たと思う。

 全体の完成度は確かに高い。けど、その一点が欠点になった。映画のテーマと密接に結びついているからね。

戻る