貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

猫の恩返し
監督:森田宏幸
出演:池脇千鶴/袴田吉彦/前田亜季
2002年/日/75分/☆

批評 なにが面白いのかさぁっぱり分からん

 脚本も演出も配役も駄目。
 画質は、ジブリにしては書き込みが少ないがそれは演出でカヴァーできる範囲なので無視。

 最大の欠点は脚本だろう。
 テーマになっている「自分の時間」というのがどういう事なのか分からない。
 回りに流されてしか行きられない、という意味であれば、主人公があのタイミングで猫を助ける理由が弱いし、それ以上に、「“猫の国”は、自分の時間を生きられないヤツの国」という台詞があるのだ。
 その“猫の国”に住んでいる猫に、確固たる意志を持って生きているのがいる。この時点で矛盾している。

 全編そんなんばっかり。
 いちいち突っ込むことさえ面倒だ。とにかく、ジブリ作品史上もっともつまらない映画であった、とだけ言っておこう。

戻る