貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

父よ
監督:ジョゼ・ジョヴァンニ
出演:ブリュノ・クメール/ヴァンサン・ルクール/リュフュス
2001年/仏/115分/清水馨/☆☆☆☆

批評 寡黙な父なんだからさ

 物語には劇的な展開など無いし、必要も無い。
 息子の有罪は確定しているのだ。だから父親は、息子の無罪を主張したりしない。
 息子は、強盗の罪を背負っているのは確か。その償いはせねばならない。
 しかし誰も殺していないにもかかわらず、殺人者だとして死刑に処せられることだけは阻止せねばならない。
 息子に嫌われ続けていると思っている父親は、しかし息子の為に尽力する。
 血縁者という血縁者をたより、ギャンブラーとしての己の腕で金を稼ぎ、暗黒街の人脈を駆使し、被害者への説得を試みる。

 この寡黙な父親を、ジョリュノ・クレメールにやらせたのは正解。
 台詞ではなく、演技で物語ることの出来る、ただ立っているだけでも演技の出来る役者でなければ、この映画に説得力を持たせることは出来なかっただろう。

 それにしても、ここまで寡黙な父親を語るのに、息子がここまで雄弁に語ってしまうのはどうだろうか?
 たしかに、寡黙な父親に寡黙な主人公では映画にならなかったのかも知れぬが。

戻る