貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

千年女優
監督:今敏
出演:荘司美代子/小山茉美/折笠富美子
2001年/日/87分/☆☆☆☆☆

批評 純粋とは狂気なのか?

 初恋の産んだ、純粋な恋愛感情に突き動かされて彼女は女優になった。

 「あの人が、映画に出ている私を見てくれれば、きっとまた会える」

 純粋な故に、狂気にも似た千年を駆け抜ける恋物語。


 人に語られる物語は、それが事実であるかどうかよりも、語られる物語そのものにその進化がある。
 という映画の持つメッセージそのものは、「ダスト」と共通しているし、その面だけ見ると「ダスト」の方が優れている。
 この作品は、むしろもう一つの主題である恋愛部分を押したい。

 時が戦争に動いていた少女の頃に出会った、名前も、顔もはっきりとは覚えていない一人の男性“鍵の君”。
 画家にして、反政府運動家らしき彼を、ひたすらに思いつづけた彼女の直向さだ。
 彼を見つけたい、という気持ちだけで役者になり、彼に気が付いて欲しいという気持ちだけで演技を続ける彼女は、純粋な恋愛感情というよりは、なにかに憑かれた狂気のような直向さを見せる。
 彼女は彼のためだけに生き、そして死ぬ。

 誰かのために人生を投げ出すこと。誰かのために己のすべてを放棄すること。
 最後の台詞はその行動の意味、疑問を問うのか?果たしてそれは狂気なのか愚かさなのか美しさなのか、素直さなのか。
 そのあたりは女性に聞いてみたいな。誰か見た人、いませんか?

戻る