貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ラッシュアワー2
監督:ブレット・ラトナー
出演:ジャッキー・チェン/クリス・タッカー/チャン・ツィイー
2001年/米国/90分//☆☆☆☆

批評 バラツキが惜しい

 ジャッキー・チェンとクリス・タッカーのでこぼこコンビが帰ってきた!!という、前作「ラッシュ・アワー」のまんま続き。同じ映画と言えるくらい。

 ロスに来た堅物刑事 (ジャッキー・チェン) が、香港との違いにカルチャーショックを受けつつ、問題刑事 (クリス・タッカー) と捜査を進めるというのが前作。
 今回は香港でカルチャーショック...というか違いを楽しんでいる問題刑事を、堅物刑事が舵を取りながら捜査を進める話。
 圧倒的とも言うべきジャッキー・チェンの体の動きは、47歳になっても健在。さすがに昔ほどではないにせよ、それでもあの速度で体が動くってのは凄いね。本当に。

 残念なのは後半。物語は香港からアメリカ、ラスヴェガスに飛ぶのだが、そこでそれまでのカルチャーギャップを生かした物語のパワーが弱くなってしまっている (堅物刑事はすでにロスでギャップを知っているから、当然と言えば当然だが)。こんなことになるなら、全編香港ロケ
 それでも最後、エンディングロールと一緒にジャッキー・チェン映画の定番 NG 集がかかると「まぁ良いっか」という気分になるのは、やっぱりジャッキー・チェンの映画だからなんだろう(笑)

戻る