貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

チキンラン
監督:ニック・パーク & ピーター・ロード
出演:メル・ギブソン/ジュリア・サワラ/ミランダ・リチャードソン
2000年/英国/85分/☆☆☆☆

批評 大爆笑!!

 チキンに歯!?
 という時点で観客の度肝を抜く、クレイアニメーション (粘土人形によるコマ撮りアニメーション) の秀作。
 チキンに歯をつけることで、表情に豊かさを持たせたのはお見事
 物語的には、卵の生産を止め、チキンパイの製造に乗り出した養鶏場。このままでは食われる!!とチキンが脱走を試みる物語。

 全編を通して「大脱走」の匂いがするのだが、そうしたお遊びは全編にちりばめられている。
 冒頭の連続脱走計画や、後半でフェンスを三輪車(!)で飛び越えるなど「大脱走」以外の何物でもないし、「17番収容所」で脱走計画練ってみたりと、マニアはニンマリ。
 もちろんそうした細かいジョークが分からなくとも笑わせてくれる軽快な演出が見事。

 ちなみに悪乗りしているとしか思えないメル・ギブソンの声は、しかしそれであるが故、チキンに強烈な個性を成功している。
 マニアな笑いとノーマルな笑いのちりばめられた、大爆笑の作品であった。

戻る